何であいつはモテるのか?イケメンじゃなくてもモテる男の7つの共通点

『そんなにカッコよくないのにどうして彼女がいるんだろう』という人が、あなたの周りにもいませんか?イケメンであれば、「可愛い彼女がいてもおかしくないなぁ」と思うのですが、やはりそうでない人に可愛い彼女がいると「なんで!?」と驚かされますよね♪

 

じつはそういった人には、ある「共通点」があるんですよ!今回はその共通点についてご紹介していきます!

 

スポンサードリンク
 

 

イケメンじゃなくてもモテる男の7つの共通点

何であいつはモテるのか?イケメンじゃなくてもモテる男の7つの共通点

人間関係が広い

顔が広いというのは、それだけで出会いの場が増えます。交流が多いため「出会いがない」という事で悩んだりしません。さらに相手からは「信頼できる人」という印象を与えます。これは「人間関係が良好=信用を裏切らない人」とも言い換えられるからです。

 

人間関係が狭い人と比べれば、人間関係が良好な人はコミュニケーション能力が高いこともあり、モテる人が多いです。たくさんの友達がいれば「この人は性格が良い人なんだ♪」と思われても不思議ではないですよね。

 

優しさがある

それは「損得勘定がないもの」であるコトはみんなが思うところですが、女性が男性に求める優しさは「自分だけ特別に」というフレーズが隠されています。それを気づけていない男性が多いのです。

 

ですが、優しさを一つ履き違えれば、ただの「都合のいい人」になり兼ねません。しかしながら、「お礼を言われなくてもいい」「嫌われてもいい」といった誠実な優しさを見ている人は見ています。こういった所で大きな差が生まれるのかもしれませんね。

 

 

気配りが上手い

相手から言われなくても、それに気づき行動できる人は男女共通してモテます。これは「相手がどう思っているか」に気づけなければ出来ることではありません。これは一朝一夕で手に入れるのは困難です。日々心掛けて行動していなければ、到底身に付けられないスキルなのです。

 

そして、そういう人は「言っていいことといけないこと」「聞いていいことといけないこと」がわかっています。それゆえに人から好意を持たれやすいのです。

 

いつも笑顔を忘れない

いつも笑っている人は「親しみやすい」「一緒にいて楽しい」という印象を相手に与えます。

逆に眉間にしわを寄せていたり、表情が薄いと「ワタシといても面白くないのかな?」とか「この人と一緒にいても面白くない」と思われてします。

 

たしかに笑顔じゃなくても「ミステリアスな人が好き!」という女性もいますが、それはイケメンに限られます。イケメンでもモテない人はいますが・・・。モテる人はいつも笑顔を心掛けているのです。

 

スポンサードリンク
 

とにかくマメなこと

連絡がしたらすぐに返事が返したり、丁寧な文章だったりとすると当たり前かもしれませんが、やっぱり相手に好印象を持ってしまいます。「当たり前のことを当たり前にする」ことは、誰もが出来ることでありません。

 

逆に『面倒くさいから』と言って、返事が遅かったり、短い適当な文章だと嫌われてします。些細な事かもしれませんが、相手はちゃんと見ています。小さいことの積み重ねがとても大切なのです。

 

聞き上手で話し上手

聞き上手は、相手の話したいことを話させるのが上手な人です。相手の好きなコトや趣味などをしっかり聞いてあげる「質問」と「リアクション」が出来る人は男女問わず好印象を持たれます。

 

また、話し上手の人は持っている情報量が多いです。多趣味で幅広い知識や興味が多いため、会話の引き出しがたくさんあり会話が弾みます。そして、「相手を楽しませたい」という気持ちが大切です。

 

得意分野がある

やはり自分に出来ない事が出来るというのは、それだけでも「スゴイ!」と思われます。そして、何かに夢中になっている人というのは魅力的なオーラが出ます。真剣な眼差しや自信に溢れている印象を相手に与えることが出来ます。

 

そして、それを自慢しないところです。自慢話は、自分では話していて心地いいかもしれませんが、相手にとっては苦痛でしかありません。得意分野でも謙虚な姿勢が大事だということです。

 

まとめ

何であいつはモテるのか?イケメンじゃなくてもモテる男の7つの共通点

今回ご紹介した通り、「見た目だけが全てではない」のです。ルックスでは劣っていても、それ以外で「トーク」「気配り」などイケメンを上回る事が出来ればモテます。「イケメンじゃないとダメ!」という人もいますが、女性は総合的に男性を見ています。

 

逆にルックス良くても、モテていない人は今回ご紹介した内容のような内面的部分で減点されているかもしれません。今後、あなたの恋愛の助力になれば幸いです。

 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

人気ブログランキング参加中

にほんブログ村 ニュースブログへ
return top