これでストレス解消!イライラを抑えるための7つの方法

ストレスを溜まってイライラすることって多いですよね?感情的になって、人間関係がギクシャクしてしまうのは絶対に避けたいところ。そんなときに役立つ「イライラを抑えるための方法」についてご紹介していきます。

 

スポンサードリンク
 

イライラを抑えるための7つの方法

これでストレス解消!イライラを抑えるための7つの方法

好きなことをする

イライラしている時こそ、好きなことをしましょう。好きなことをすれば、楽しい気持ちになれます。それと逆にイライラしていた感情を忘れさせてくれます。何もしないでイライラした感情のままでいると、怒りの感情の渦が押し寄せてきます。

 

そうならないためにも、歌うのが好きならカラオケに行ったり、映画を見るのが好きであれば映画館へ観に行ったりレンタルショップで借りて観ましょう。あなたが、楽しい気分になれる行動を起こしましょう。

 

運動する

イライラしている時は、体を動かしましょう。運動をすれば、達成感や満足感を得られます。また、運動をしていれば、怒りの感情を忘れて無心になれます。感情的にモノに当たったりすれば、他の人に迷惑を掛けたりしていまいます。

 

そうならないためにも、ウォーキングやランニング、プールに行って泳ぐ、友人とテニスをしたりするなど運動しましょう。もしかすると、イライラの原因は体調不良から来るストレスかもしれません。運動をすれば、血流の流れや良くなるので体調改善にも繋がります。また、運動が出来る環境でない場合は、軽いストレッチでも良いので体を動かしましょう。

 

音楽でリフレッシュする

イライラしている時には、好きな音楽を聴きましょう。音楽を聴けば、気分転換をすることが出来ます。イライラした気持ちを忘れて、曲のメロディーによって感情が変化します。曲の好みは人にとって違いはありますが、とても効果的な方法です。

 

曲によって感情は、左右されます。ポップでリズミカルな曲は、楽しい気分になります。それとは逆にしっとりとした優しい曲は、気分を落ち着かせてくれます。これを利用すれば、イライラした感情を変える事が出来ます。可能であれば、カラオケに行って歌えばストレス解消にもなってオススメです。

 

読書をする

イライラしているのであれば、本を読みましょう。読書は、音楽や散歩などよりもストレス解消効果が高いとされています。本と言ってもイヤイヤ読むような本では、イライラを助長させてしまいます。

 

なので、あなたの好きな本を読みましょう。ジャンルは、恋愛やミステリーなどたくさんあります。また、「文字ばかり見ているとイライラする!」という方もいるでしょう。そんな人は、漫画を読むと良いでしょう。ポイントは、「イライラを忘れるくらい、本の内容に没頭すること」です。

 

スポンサードリンク
 

寝て気持ちを冷静にさせる

イライラしているのであれば、一度横になって寝ましょう。寝る事で、イライラした精神状態をリセットできます。怒りの感情が無い状態になれば、客観的に考えられるようになるので、効果的です。

 

イライラや不安といった感情を持っていても、寝たら落ち着いたという経験は一度くらいあるのではないでしょうか。ほかの方法でイライラが抑えられないのであれば、この方法が一番効果的かもしれません。

 

ドリンクやお菓子でリフレッシュする

イライラしている時は、飲み物を飲んだりお菓子を食べましょう。飲食をすれば、気分転換をすることが出来ます。あなたの好きな飲み物や食べ物を食べれば、幸福感が得られます。

 

そうすれば、怒りの感情も少しずつ抑まるでしょう。しかし、ここで注意していただきたいのが、暴飲暴食です。いくらイライラしているからといって、飲み過ぎたり食べ過ぎたりしてしまっては、あなたの健康を害してしまいます。なので、適度な飲食を心掛けましょう。

 

第三者に話を聞いてもらう

心の許せる人に話を聞いてもらいましょう。怒りの感情を抑えるのは、一人の抑えるのが困難な場合があります。そういった時には、人に聞いてもらう事で気持ちを落ち着かせることが出来ます

 

ただ、注意してほしい事があります。この方法は、あまり同じ人に言わないようにしましょう。やはり、愚痴ばっかり話していると聞いている相手は、『愚痴ばっかりで嫌だ!』と思ってしまいます。あなたと会話するのが苦痛になってしまっては、相手との人間関係に亀裂を生んでしまうからです。なので、聞いてもらう相手は変えていきましょう。

 

まとめ

イライラした気持ちでは、判断が鈍ってしまいます。そして、ときには相手を傷つけてしまうかもしれません。そうならないためにも、ストレス解消をして気持ちを切り替える事が、とても大切です。今回ご紹介した内容が、あなたの参考になれば幸いです。あなたが、イライラしている時間よりも、“楽しい時間が多い人生”を送られることを心より応援しております。

 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

人気ブログランキング参加中

にほんブログ村 ニュースブログへ
return top