イライラ爆発を食い止める!すぐに怒りを静めるための5つのコツ

普通に生活をしていても、何気ない一言にカチンッとなってしまう時がありますよね?そんな時、イライラが我慢できなくて感情的に反論したりして、後になって後悔してしまいます。そこで今回は、「すぐにイライラを静める方法」についてご紹介します。

 

スポンサードリンク
 

すぐに怒りを静めるための5つのコツ

イライラ爆発を食い止める!すぐに怒りを静めるための5つのコツ

思い出して!怒りを爆発させたリスクを考える

感情に流されてしまったら、どういうリスクがあるか考えましょう。感情のままに言葉を放ったり行動してしまえば、良い結末になりません。しかし、頭に血が上っている時には、それを忘れがちです。

 

当たり前かもしれませんが、怒る人は嫌われます。感情のままに行動してしまえば、気持ちを静める事ができるかもしれません。しかし、その後の人間関係に大きな溝を作ってしまいます。「怒ってもデメリットしかない」ということを、忘れないようにしましょう。

 

相手にするな!「常識人なんだ」と言い聞かせる

非常識に、不愉快にさせる言葉を放つ人がいます。そんな人にイライラした時には、自分は常識人であると考えましょう。相手の売り言葉に乗ってしまえば、あなたも「非常識な人間」と同じです。

 

なので、「相手と同じ土俵に立たない」という気持ちを持ちましょう。もし、相手に不快な言葉を言われても、『この人は、こういう言い方しかできない可哀そうな人なんだ』『相手にしても疲れるだけ』といった感じで聞き流しましょう。相手にしたら、あなたの貴重な時間と労力が失われます。

 

スポンサードリンク
 

逆の感情で打ち消す!自分に原因があると考える

怒りが爆発してしまうのは心の中で、『自分は全然悪くない、相手が悪いんだ!』という気持ちが強くなっているからです。「相手のせい」という外向きな感情に支配されていれば、それを抑え込むのは精神的に大きな負担を感じてしまいます。

 

そうならないためにも、外向きな感情を中和させる内向きな感情を持ちましょう。それは『自分にも原因があったのではないか?』というものです。「自分が気をつければ、こんな事にはならなかっただろう」「自分にも出来たことはなかっただろうか」と心の中で問いかけてみてください。そうすれば、怒りを抑え込まずにかき消すことが出来ます。

 

無心の境地!目を閉じて何も考えない

感情が昂ぶっているのであれば、目を閉じて無心になるようにしましょう。視覚からの情報は8割も占めています。なので、目を閉じれば、視覚の情報が遮断されるので何も考えない環境を作りやすくなります。

 

そして、何も考えないようにすることで気持ちの昂ぶりを静める事が出来ます。頭の中を空っぽにすれば、イライラした感情を切り離せます。そうすれば、スッキリした気持ちに切り替えられるでしょう。

 

リラックス効果!深呼吸する

感情が昂ぶっているのであれば、深呼吸をしてみましょう。「怒りの感情」が強くなっている時は、交感神経が活発になって興奮状態になっています。その状態を抑えるには、副交感神経の働きが必要です。深呼吸をすれば、その副交感神経の働きを助長してくれるのです。

 

深呼吸をする時は、大きく息を吸ってください。そして、イライラした感情を全て出すように息を吐きましょう。そうすれば、イライラした気持ちがスーッと消え去り、落ち着くことが出来、いつもの自分を取り戻せます

 

まとめ

「人は感情の動物である」とよく耳にします。なにかを決める時でも感情が優先されてしまうことも多いでしょう。しかし、感情に流されてしまうのは、とても危険です。特に怒りの感情とは、直接向き合わないようにすることが大切です。ご紹介した方法が、あなたのイライラを静める参考になれば幸いです。今後、とっさにイライラするような事があれば、実践してみましょう。

 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

人気ブログランキング参加中

にほんブログ村 ニュースブログへ
return top