勘違いしていませんか?女性への間違った5つの優しさアピール

女性に「どんな人がタイプなの?」と聞くと、大多数が「優しい人が好き!」と答えるでしょう。そして、それにならって女性に優しくしてあげている人も多いのではないでしょうか?しかし、その優しさが逆にあなたの恋を遠ざけているかもしれません。そこで今回は、「女性への間違った優しさアピール」についてご紹介していきます。

 

スポンサードリンク
 

女性への間違った5つの優しさアピール

勘違いしていませんか?女性への間違った5つの優しさアピール

そんなに親しくないのに高価なプレゼントをする

仲良くなってから、日が浅いのに高価なプレゼントをするのは良くありません。逆に相手は、あなたに対して警戒心を強めてしまいます。良かれと思って高価なモノを選んだかもしれません。しかし、それは逆効果になってしまいます。

 

考えても見てください。もし、数週間前に仲良くなった友達がいたとします。その人から、数万円するようなものを貰ったらどう思うでしょうか?嬉しい気持ち以上に困惑するでしょう。そして、『えっ!?なんで?』『これを受け取ったら、何か面倒くさい頼みごとをされるかも・・・』と受け取ること躊躇します。

 

そうならないためにも、親しくなって日が浅い女性にプレゼントをするときは、安価なものを選びましょう。できれば、残るモノではなくて、相手の好きな食べ物や飲み物だったり、使えばなくなるようなモノの方が警戒されずに受け取ってもらえます。

 

いつも、わがままを聞いてあげる

女性がわがままなことを言っても「わかったよ」「俺も、それいいと思う」と聞いてあげるのは良くありません。それは単にイエスマンになって、女性に媚びているように見えません。さらに言えば、典型的な「いい人」で終わってしまう特徴です。

 

たしかに女性に対して合わせることは大切なことです。反論したり、相手の都合に合わせていれば、波風が立つこともないでしょう。しかし、女性からしてみれば、そういった男性は『頼りない』『自分の意思がない』と感じてしまうのです。

 

そうならないためにも、傲慢と思われない程度に「ゴメン、それは出来ないよ」「○○ってのは、どう?」とあなたが思っていることを主張しましょう。女性に合わせてばかりいては、「都合のいい人」に成り下がってしまいます。

 

車道側を意地でも歩かせない

歩いているときに車道側は、絶対に女性に歩かせないのは良くありません。雑誌などで「モテるテクニック」みたいな感じで書いてあります。しかし、それはあくまで「そう思う女性もいる」というだけです。

 

すべての女性が、車道側を歩いたからといって『この人、優しいなぁ』『守ってくれる感じで、カッコいい!』と思っていません。逆に『子ども扱いされてる?』と反感を買ってしまうかもしれません。

 

そうならないためにも、この行動をやるときは“さりげなく”やりましょう。ここで露骨に優しさアピールしても敬遠されてしまいます。それに車道側が嫌だと思っている女性は、自分で反対側を歩きます。

 

スポンサードリンク
 

電車のドア付近でガードするように立つ

女性を守るように電車で立つのは良くありません。これも「車道側を意地でも歩かせない」でご説明したとおりで、雑誌などで書いてあるテクニックですね。必ずしも、すべての女性がこの行動を優しさと受け取ってくれません。

 

逆に「そんなに近づかないで!」「暑苦しい・・・」と思ってしまう女性もいます。よかれと思った優しさであっても、その優しさが返って嫌われる原因にもなりまねません。

 

そうならないためにも、女性との距離間に余裕を持ちましょう。丁度いいのは、相手が電車の揺れでバランスを崩したときに支えてあげることが出来る程度です。いざというときに支えてあげれば、好印象を持たれます。

 

誰にでも優しい

好きな女性だけでなく、ほかの人にも優しくしているのは良くありません。女性が求める優しい人は、「みんなに優しい人が好き」ではなく、「自分にだけ優しい人」が好きなのです。

 

好きな女性の前で、ほかの女性に優しくしていれば『この人、オンナったらしなんだ・・・』と思われてしまうかもしれません。そう思われてしまうのは、絶対に避けたいところです。

 

そうならないためにも、お目当ての女性だけに優しくしましょう。たしかに、誰に対しても優しく接することは大切なことです。しかし、恋愛においては逆効果になってしまいます。そのことを忘れずに行動しましょう。

 

まとめ

男性が思っている「優しさ」と女性が求める「優しさ」にはズレがあります。そこに“気付けるか”が、恋愛で上手くいく秘訣なのかもしれません。今回ご紹介した内容で「これやってしまってたかも・・・」と思ったものもあったのではないでしょうか。今後の恋愛で、あなたの参考になれば幸いです。

 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

人気ブログランキング参加中

にほんブログ村 ニュースブログへ
return top