なぜ見破れない!女性のウソを見抜くのが難しい3つの理由

女性のウソって本当に見抜けないですよね?ウソを言っていると気付かずに、あとあとになって『えっ!?あの時に言っていたコトと違うじゃん!』と驚いてしまった経験も少なくないですよね。

 

そんな時、こんな疑問が頭に浮かびませんでしたか?それは「どうして、女性はウソを言うのが上手なんだろう?」というものです。今回は、そんなあなたに「女性のウソが見抜くのが難しい理由」についてご紹介します!

 

スポンサードリンク
 

女性のウソを見抜くのが難しい3つの理由

なぜ見破れない!女性のウソを見抜くのが難しい3つの理由

すべてウソではなく、事実も言っている

ウソを見破りにくい理由の1つに、“事実も織り交ぜて話している”ことが上げられます。事実が混じっていることで、話に信憑性が増します。聞いている側も、違和感を覚えることなく、じつはウソだとしても納得してしまうのです。

 

それとは逆に、男性がウソをつくときは、「すべてウソで固めようとしてしまっている」ことが多い傾向にあります。やはり、すべてをウソで成り立たせようとしているので相手に違和感を与えやすくなります。さらに追求されれば、それをまたウソで塗り固めようとするので、余計にウソだとバレてしまうのです。

 

このような理由から、男性が女性のウソを見抜けないことが多くなってしまいます。なので、女性が言っていることが、“すべてが真実ではない”という意識を持っておきましょう。

 

しっかりと相手の目を見てウソを言っている

ウソを見破りにくい理由の1つに、“相手の目を見て話す”ことがあげられます。ウソを言っていても相手の目を見て、それが真実かのごとく平然と話します。聞いている側も、女性に疑念を抱くことなく聞き入れてしまうのです。

 

それとは逆に、男性がウソをつくときは、「後ろめたさや罪悪感で相手の目を見るのを無意識に避けてしまう」ことが多い傾向にあります。やはり、ウソを言うときには、そういった気持ちになるのが当然だと思います。さらに感情の乱れから、いつもと違った言動になってしまい、すぐにバレてしまうのです。

 

最初の紹介した理由から、女性が言っているときに“本当のこと”も入っているので、女性自身も『ウソはいっていない』といった気持ちがあるので“相手に悪いなぁ”という気持ちになることなく、ウソを言うことが出来るのです。

 

スポンサードリンク
 

ウソをつくのが、日常生活の一部になっている

ウソを見破りにくい理由の1つに、「女性同士の関係を良好にするための必須スキルである」ことが上げられます。女性同士の関係は、“共有”と“共感”で保たれています。女性の一人が言ったことに合わせることで、相手と対立しないように関係を築いています。なので、本心とは違った意見であっても、ウソをついて合わせるスキルがいるのです。

 

それとは逆に、男性同士の関係は、単純に「気が合う」「気が合わない」の二択で考えられます。「気が合うもの同士が仲良くなる」というシンプルに良い関係を築けます。男性は、本心で仲良くなる相手を決めているので、わざわざウソをつくようなスキルはいりません。

 

そういった環境の違いから、男性に比べて女性の方がウソをつくのが上手になるのです。男性は、よっぽどなことがない限り、ウソをつく機会が少ないです。けれども、毎日のようにウソをつかないといけない女性は、嫌でも“ウソだと見抜かれないスキル”を身についてしまいます。

 

まとめ

男性と違って、女性はウソを言う機会が毎日のようにあるのです。それを見破ることは、本当に至難の業だと思います。

 

レストランの外にあるガラスケースに料理の見本が、置いてあるところがあります。よく出来たものは『これって、本物じゃないの?』と驚かされてしまいます。本物としか思えないような見本を作るには、経験と高いスキルを習得していなければ出来ないことです。

 

それと同じで女性のウソは、何年もの経験を経たことで“磨き上げられたスキル”ということです。簡単に見抜くことが出来ないわけですね。

 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

人気ブログランキング参加中

にほんブログ村 ニュースブログへ
return top