イタ過ぎる!カラオケで女性をドン引きさせる5つのNGな歌い方

女性とカラオケに行って盛り上がったのに、その後誘ってももらえなくなった。なんて、話を聞いたります。もしかしたら、その原因は歌い方にあったかもしれません。今回は、「カラオケで女性をドン引きさせる歌い方」についてご紹介していきます。

 

スポンサードリンク
 

カラオケで女性をドン引きさせる5つのNG歌い方

イタ過ぎる!カラオケで女性をドン引きさせる5つのNGな歌い方

見つめながら歌う

歌っている時に女性をじっと見つめるのはNGです。『上手いだろ』『君へのメッセージだ』といった感じで、女性にドヤ顔をしても引かれてしまいます。

 

というか、リアクションに困るでしょう。その女性が歌っている人に好意があるのであれば、許されるかもしれません。

 

しかし、付き合ってもいない女性に、こんな歌い方をすれば『どう振る舞ったらいいの!?』『重い・・・』と思われてしまうでしょう。心当たりのある方は、歌詞が書いてある画面を見て歌うようにしましょう。

 

歌詞の「君(あなた)」に名前を入れて歌う

盛り上げようと歌詞を、女の子の名前に入れ替えて歌うのはNGです。もし、彼女とカラオケに行って、やったとしたら冗談や笑い話で済むかもしれません。

 

しかし、付き合ってもいない女性とカラオケに行って、これをやれば引かれてしまいます。

 

女性からは『え?ナニ?やめて!』『ほかの友達もいるのに、恥ずかしい!』と思われてしまうでしょう。心当たりのある方は、曲の歌詞通りに歌うようにしましょう。

 

アイドルの曲を入れて、踊りながら歌う

盛り上げようとアイドルの曲を踊りながら歌うのはNGです。男友達だけでカラオケに行って、ウケが良かったかもしれません。しかし、女性の前でこんな歌い方をしてしまえば、ドン引きされてしまいます。

 

歌っている人だけが盛り上がっていて、『見ていてイタイ・・・』『どうしよう?この空気・・・』と女性は思っているでしょう。

 

心当たりのある方は、アイドルの曲は選ばないようにする。もし、アイドルの曲を入れたとしても踊らないようにしましょう。

 

スポンサードリンク
 

ライブ気取りでノリを強く求める

カラオケで盛り上がる事は大切ですが、それを必要以上に相手に求めるのはNGです。歌っている人は、『これで絶対に盛り上がる!』と思っているでしょう。

 

しかし、アーティストのライブパフォーマンスをマネして盛り上げていくのは、難しい事です。

 

それは他の人が歌っている人以上に興味がなければ、成立しないからです。女性から『面倒くさいなぁ』『暑苦しいよ・・・』と思われてしまいます。心当たりのある方は、ライブパフォーマンスは自粛しましょう。

 

自分でアレンジして歌う

原曲からアレンジをして歌うのはNGです。自分なりのアレンジを加えて、『歌うのが上手いと思われたい!』という気持ちから、こんな歌い方になったのでしょう。

 

しかし、原曲を知っている人は不快に感じてしまう人もいます。そして、女性からは『ナルシストなんだ・・・』と引かれてしまうでしょう。心当たりのある方は、原曲のとおりに歌うようにしましょう。

 

まとめ

今回ご紹介した内容は、どれをとっても女性からの好感度下げてしまう歌い方です。歌っている本人は、『盛り上げよう!』『好印象を持ってもらいたい!』という気持ちでしている事が多いのですが、それが返って悪い印象に繋がってしまいます。心当たりのある人は、この機会にやめましょう。もう二度と一緒にカラオケに行ってもらえなくなります。女性に好印象を持ってもらいたいのであれば、「相手の好きな曲を歌って上がる」など、ちょっとした所でポイントを稼いでいきましょう。

 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

人気ブログランキング参加中

にほんブログ村 ニュースブログへ
return top