汚い文字は損をする!キレイな文字を書くための5つの方法

現在では、パソコンで文章作成する事が多くなっています。しかし、手書きで文章を書く場面は必ずしもゼロではありません。そんな時に汚い字を書いてしまったら、その字を見て『ガサツな人』という印象を持ってしまう人もいます。そこで今回は「キレイな文字を書くための方法」についてご紹介していきます。

 

スポンサードリンク
 

キレイな文字を書くための5つの方法

汚い文字は損をする!キレイな文字を書くための5つの方法

文字の大きさを変えて書く

字を書くときに大きさを変えましょう。漢字やひらがな・カタカナを全て同じ字の大きさで書くと汚く見えてしまいます。それは字のバランスがあっていないからです。なので、漢字の大きさを「1」とすれば、カタカナは「0.9」です。そして、ひらがなが「0.8」の割合で書くが、ちょうどいい割合と言われています。

 

今まで大きさを意識していなかった人は、これだけで字がキレイにかけてしまうこともあります。また、漢字でも画数が多い字は大きめ。それとは逆に画数が少ない字は小さめにしましょう。そうすると、より整って見えます。

 

文字のラインを整える

文字のラインを意識して書きましょう。一文字だけ見たら、キレイでもラインが揃っていなければ、汚く見えてしまいます。そして、読む人もガタガタの文章だと、読みづらいです。とても下書きをする時には、下のラインに乗るように書くと整ってキレイに見せることが出来ます

 

ここで注意して頂きたいことがあります。それはしっかりと集中して書くことです。だんだんラインから字が離れてしまうことがあるので気をつけましょう。また、背筋を伸ばした正しい姿勢で書くのも大切なポイントです。

 

ゆっくりと丁寧に書く

字を書くときには、丁寧に書くことを意識しましょう。早く終わらせようと急いで書いたりしていては、キレイな字を書くことは出来ません。丁寧に書こうとした字は、その努力が現れます。読んでいる人も『頑張って書いたんだ!』と評価してもらえるでしょう。

 

丁寧に書くことはとても大切なことです。汚い字の文章を読むのは、とても苦痛です。それを読む人は、不快感でイライラしてしまいます。なので、読む人の考えて、丁寧に書いてあげましょう。そうすれば、気持ちよく読んでくれます。

 

スポンサードリンク
 

正しい書き順で書く

字を書くときは、ちゃんと正しい書き順で書きましょう。「書きやすいから」といって書き順を気にせずに書いていれば、字のバランスが崩れます。なので、いくらキレイな字を書こうと思っても、字が汚くってしまうのです。

 

字をキレイに書けないのは、書き順を間違っているからかもしれません。そうであれば、正しい書き順で書くことによって、キレイな字を書けるようになります。今までの癖を治すのは大変かもしれませんが、正しい書き順をしっかりと身に付けましょう。

 

模写で正しい字の形を覚える

正しい字の形を覚えましょう。字をキレイに書こうと思っても、実際に「どんな字がキレイなのか」という基準が必要です。それが分からなければ、キレイな字を書くことは出来ません。自分の字で「おかしいところはどこなのか?」を知るのは大切です。

 

キレイな字の形を覚えるためには、「模写」が一番です。きれいな字をマネをして書くことによって、自分の字のどこが変なのかに気づくことが出来ます。そして、模写をキレイに書くことが出来れば、かなり上達しているはずです。なので、意識して練習していくと良いでしょう。

まとめ

キレイな字を書くためには、「自分の字はどこが変なのか?」を知る必要があります。それは、やはりきれいな字と自分の字を見比べてみるのが一番です。そして、書き順やバランスを意識して集中して書くことも大事になってきます。今回ご紹介した内容が、あなたの参考にあれば幸いです。読む人のことを考えて、キレイな字を書いていきましょう。

 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

人気ブログランキング参加中

にほんブログ村 ニュースブログへ
return top