間違えやすいビジネス敬語

社会人になるとお客様や取引先、先輩や上司の方と話すことが日常的にあります。
そんな時に間違った敬語を使ってしまったら、相手に不快な思いさせてしまったり、
恥をかいてしまうことになります。しかし、ちゃんとした敬語を使えればあなたの
評価も上がり自分自身の成長になります。そこで間違えやすい敬語をまとめてみました。

 

matigaeyasui-bizinesu-keigo101

☓「了解しました」

○「承知しました」or「かしこまりました」

お客様からの要件を伺ったり、上司や先輩から仕事や頼まれごとをされたりする場面で
よく使われる敬語になります。意外とできていない人が多いです。

 

☓「とんでもございません」

○「とんでもないことでございます」or「とんでもないことです」

結構間違えて使っている人が多いです。
「とんでもない」が1つの単語で「ない」と「ございません」は
置き換えられないのです。

 

☓「休みをいただいております」

○「休みを取っております」

よく取引先やお客様から自分以外の担当者が休みの時に電話がかかった場合に
使われる言葉になります。休みを与えているのは自分の会社であって、上司に
対して「休みを頂きたい」というのは大丈夫ですが、外部の人に使う場合は
「休みを取っております」が正解です。

 

☓「お名前をちょうだいできますか」

○「お名前をうかがってもよろしいですか」

ビジネス用語として日常的に営業職の方なども使われている方もいます。
なぜ間違った言葉が広まっているか?というと「お名前をちょうだいできますか」という
フレーズは、「お名前をお聞かせいただけますか」と「お名刺をちょうだいできますか」
というフレーズが合体してできたビジネス用語なのです。

なので、「お名前をうかがってもよろしいですか」が正しい敬語の使い方なのです。

 

☓「おっしゃられる通り」

○「おっしゃる通り」

「おっしゃる」という言葉だけで尊敬語になり、されに尊敬語の「られる」
をつける必要はないのです。失礼にはなりませんが、聞いている方は大げさな
印象になり違和感があります。

 

☓「すみません」

○「申し訳ございません」

お客様にお詫びをする場合は、「すみません」ではなく「申し訳ございません」です。
初歩的なところですが、とっさに「すみません」という人が結構います。

 

☓「ご苦労さまです」

○「お疲れ様です」

「ご苦労さま」は、目上の方が目下の人に使うねぎらいの言葉です。
普段から「お疲れ様です」と言っている人には、あまり関係ないかもしれませんね。

 

まとめ

基本的なところですが、やはり日常的に使うのでしっかり押さえておきたいところですね。
「これ、間違ってた方使ってた!」と言う方は、初めは慣れるまでぎこちないかもしれませんが、
意識して日々使うにつれて自然に正しい敬語が口から出るようになります。ぜひ、今後のビジネスに役立てて下さい!

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

人気ブログランキング参加中

にほんブログ村 ニュースブログへ
return top