西島秀俊の性格は?驚きの年収とは?じつはあの人の大ファンだった!

西島秀俊さんといえば、「結婚したい男性俳優」「2ショットを撮りたい人気俳優」などなど、たくさんのランキングのトップ3にランクインしている人気俳優さんですね。

今回は、そんな西島秀俊さんについていろいろ調べてみました。

 

スポンサードリンク
 

プロフィール

西島秀俊の性格は?驚きの年収とは?じつはあの人の大ファンだった!名前:西島秀俊(にしじま ひでとし) (※本名と同じ)

生年月日:1971年3月29日

出身地:東京都八王子市

血液型:A型

身長・体重:178㎝・(推定)65kg前後

所属事務所:クォータートーン

 

芸能界に入ったキッカケは、19歳の時に高校時代の先輩の薦めで若手俳優養成講座のオーディションを受け、見事合格し俳優になりそれから俳優活動を始めています。

 

1992年に「はぐれ刑事純情派V」で 中上巡査役でドラマ初出演しました。1999年公開の「ニンゲン合格」では主演で吉井豊 役を演じ、第9回 日本映画プロフェッショナル大賞で主演男優賞を受賞しました。

 

2010年には、「チーム・バチスタ」シリーズから、シリーズ最高傑作との呼び声も高い「ジェネラル・ルージュの凱旋」で速水晃一 役や、ストロベリーナイトでは菊田和男 役など数多くの人気シリーズにも出演しています。

 

最近では、2015年5月9日公開の「脳内ポイズンベリー」で吉田役や、2015年11月公開の「MOZU」では主演の倉木尚武役を演じています。

 

CMでよく見かけるようになった西島さん。ジャンルの幅も広く、中でもスイーツや衣料用柔軟剤などの女性をターゲットにしたCMが多いようです。

 

ソフランのCMでは主夫を演じ、西島さんの主夫姿を見て「こんな旦那さんがいたらいいなぁ」など女性の方は妄想したりしたのではないでしょうか。CMとドラマや映画などのギャップに惹かれ虜になる女性が増えているようです。

 

その後も映画やドラマ、CMなど幅広く活躍されています。

 

2014年には、3年間の交際を経て16歳年下の一般女性と結婚しています。西島さんの結婚報道をされた日は、女性ファンがショックのあまり「西島さん結婚したから会社早退していいですか」「え…結婚?嘘でしょ?嘘だよね??」などの様々な思いが飛び交っていたそうです。

 

 

西島さんのギャップが魅力的!どんな性格なの?

最近では、CMや結婚などもされて家庭的なイメージのある西島さんですが、実際はどうなのでしょうか?気になったので調べてみました。

 

中学時代にクラスメイトとの議論する時間の中で、自分の意見を思ったように上手く伝えることができずに泣きだしてしまったことがあるそうです。口下手らしいく、そのせいもあるようですね。

 

バラエティ番組に出演した時には、回転寿司のことがわかっておらず、回転を止めてからお皿を取るものだと思っていたことがばれてしまったそうです。一緒に出演していた竹内結子さんにお皿の取り方を教えてもらい、しきりに照れていました。

 

普段お寿司はテイクアウトして食べているそうで、こんな天然な一面もあるようですね。

 

他にも実は、いじられキャラなのではないかとも言われています。「笑っていいとも!」などのバラエティ番組に出演した際に、筋肉についていじられたり共演している女優さんにいじられる姿を見ることもあります。

 

そんな時に見せる、ドラマとは違う少年っぽさや屈託のない笑顔も西島さんのギャップであり魅力の一つでもあるのでしょう。

 

役作りではストイックな一面があるようです。2010年公開の映画「サヨナライツカ」で役作りのために、老後のシーンで体重13kg増やし、その後の若い頃のシーンのために1か月で15kg減量するなどしていました。

 

 

 

甘いものが大好きでこんな苦労も

かなりの甘党だそうで、撮影現場での差し入れに出れば必ず全部食べるほど甘いものに目がない西島さん。甘いものが好きすぎて、お弁当を我慢してでも食べたいくらい好きみたいです。和菓子よりも洋菓子が好きで、特にドーナツが好きみたいです。

 

身体を鍛えているときは、甘いものは見るだけにしてグッと我慢してトレーニングに励むそうです。我慢することは「めっちゃつらい」らしく、我慢することに慣れてくると甘いものを見るだけで満腹になったような気持ちになるみたいです。

 

自身が出演していたローソンのあんこや豆大福のCMでは、かっこいいと話題にもなっていました。ナレーションも自身でしており、声が渋く穏やかなトーンで聴いていて心地いと評判になっていました。

 

スポンサードリンク
 

驚きの年収は?

人気俳優さんにもなると結構もらっているような気がしますが、実際どのくらい貰っているのでしょうか?さっそく調べてみましょう!

 

まずCMのギャラについては、3000万円という情報がありました。

CM数が12本だとすると低く見積もっても3億6000万円という事になります。

 

次にドラマの出演料が1話当たり200万円相当となっていました。テレビドラマ1本が10話とすると、ドラマ1本で2000万円ですね。

 

映画やテレビ番組の出演料などを考慮して考えると、低く見積もっても年収4億2000万円以上はもらっているのではないでしょうか。

 

映画好きで、大ファンのあの人の映画にも出演

休日になると映画館で過ごすことが多いそうです。1日1本のペースで映画を見て、映画館をハシゴすることもあるようです。短編映画を好んで見ているようで、雑誌「映画秘宝」を欠かさずチェックするほどです。

 

映画を見るときはおにぎりを持っていくそうで、まわりの人に気付かれるようですが気にしていないそうです。映画鑑賞中は食べないで、間でおにぎりを食べてそれからまた映画鑑賞といった感じみたいです。

 

ビートたけしさんの大ファンでもある西島さん。たけしさんが昔出演していた「ビートたけしのオールナイトニッポン」などのラジオ番組を録音していたカセットテープを友だちから借り、MDに録音し聴いていたそうです。

 

2002年の北野武監督作品「Dolls」に出演しています。出演が決まった時、「今から監督が会ってくれるからテレビ局に行け」と言われてバイクで駆け付けた西島さんは、監督と1分弱の短時間の面談で出演が決まったそうです。

 

また、2013年NHK大河ドラマ「八重の桜」へ出演した時に、砲術を担当する武士の役を演じるのに筋肉質な身体にし、女性ファンを釘づけにしたとして印象にも残っていると思います。

 

「櫻井有吉アブナイ夜会」にゲスト出演したときに、「人生を変えたターニングポイントというか、劇的な…」と役者人生の転機だったと語っていました。そこから、俳優として脚光を浴びたくさんの仕事も頂けるようになったそうです。

 

まとめ

筋肉質な体つきに男らしい見た目と、甘党というギャップに加え優しい声をお持ちの西島さん。これからの活躍、特に女性の方からの注目も集めるのではないでしょうか。

今後の活躍が気になりますね♪

 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

人気ブログランキング参加中

にほんブログ村 ニュースブログへ
return top