“理系男子VS文系男子”恋愛に有利なのはどっち? 徹底分析!!

男性を二つに分けるとしたら、「理系男子」と「文系男子」にできますね♪もし、世の中の男性をこの2つに分けたら、恋愛ではどちらが有利なのか?という疑問をこのたび徹底的に検証していきたいと思います!

 

スポンサードリンク

 

それでは、まず双方の特徴について調べていきたいと思います。

理系男子の特徴

長所
・電気機器や数字に強い
・真面目である
・誠実で一途

やはり理系男子は電気機器や数字を扱うことが多いことから、文系の人よりも得意です。
そして、論理的な思考の持ち主で冷静に物事を見ることが出来ます。

理系学問では狭く深く学ぶことから、一つの事に集中して取り組む真面目さを兼ね備えています。

そういった理由や女性の扱いに慣れていないところから、付き合ったら誠実で一途だという印象がありますね♪

 

短所
・感情を表に出ない
・理屈っぽいところがある
・白黒はっきりしないと気が済まない

人付き合いにおいて、文系の人に比べて無頓着な人が多い傾向があります。

また、論理的に考えるところから無意識的に会話の内容も文系の人と比べて理屈っぽくなる傾向があり、会話を広げても、結論を求めることが多くなることから空気が読めないという印象を受けてしまう事があります。

そういった理由からコミュニケーションに対して苦手意識がある人が多いようです。

 

スポンサードリンク

 

文系男子の特徴

長所
・感情豊かで表現力がある
・女性の気持ちを理解している
・空気が読める

文系男子は、理系の人に比べて感情豊かで会話にユーモアがあってコミュニケーションが得意です。

相手の気持ちに敏感なところから女性の扱いも長けており、会話のテンポを崩さず場の空気を盛り上げることが出来ます。

文系学問では広く浅く学ぶことから、いろんな話題の引き出しがあり誰とでも分け隔てなく接することから広い人脈も兼ね備えています。

そういった理由から、付き合ったら楽しい時間が過ごせそうという印象がありますね♪

 

短所
・言葉が曖昧である
・感情的なところ
・他の女性に流されやすい

表現な豊かですが、そこが裏目に出た場合は「曖昧」なところが「どっちなの!?」と割れてしまう時があります。

理系の人に比べて「感情」で物事を決めたり、言葉を言ったりすることが多い傾向があります。また、恋人がいたとしても感情に流されて他の女性にいってしまう場合も起こりやすいようです。

感情でいろいろ決めたり、他の女性に流されてしまうところなど、後になって冷静に考えて反省してしまう事もしばしばあるようです。

 

結局、どちらが恋愛に有利なのか!?

「理系男子」と「文系男子」の特徴を見て頂きましたが、それぞれに長所と短所があることが分かりますね。

やはり恋愛に関しては、「文系男子」が有利です。
ユーモアで会話が面白く、一緒にいて楽しい時間を過ごせそうという理由が多く。大学生においては文系学部の方が時間に余裕があるためといった意見もありました。また、女性の扱いに慣れている点なども高く評価されています。

 

しかし、理系男子のみなさま落ち込むことはありません。じつは「恋愛」ではなく「結婚」では理系男子の方が女性からの支持が高いことが分かりました!

恋愛においては、文系男子のほうが楽しい時間を過ごせるといった面で有利でしたが、他の女性に流されるなど「結婚」した後にそういう事は絶対に避けたいと思うものですし、はやり結婚に求めるのは「現実的な安定」と「堅実な安心感」みたいですね。

 

まとめ

あなたに当てはまっているところはありましたか? とは聞いてみましたが、今回は表面的なイメージの解釈(偏見)でしかないので、あまり参考にならないかもしれません(汗)実際、人格が2種類しかないなんて可笑しいですからね♪ちなみに今回はこのような結果になりましたが、まったく当てはまらない人もいるかもしれません。これをお読みになって、今後の恋愛の参考の1つにしていただけると幸いです♪

 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

人気ブログランキング参加中

にほんブログ村 ニュースブログへ
return top