理想の眠りを手に入れる!適した姿勢と効果的な睡眠時間

『どんな体勢で寝るのが良いの?』『どのくらい寝るのが理想なの?』と悩んでいませんか?睡眠によって、生活の質が変わるといっても過言ではありません。今回は、そんなあなたに「寝る時の理想の姿勢と睡眠時間」についてご紹介していきます!

 

スポンサードリンク
 

どんな体勢で寝るのが理想的なの?

理想の眠りを手に入れる!適した姿勢と効果的な睡眠時間

理想の姿勢は、「右側を下にして横向きに寝る」です。そして、この姿勢でのポイントは“少しうつむくこと”です。寝ている時に呼吸がスムーズに出来なければ、「睡眠時無呼吸症候群(SAS)」の原因になります。

 

また、胃酸の逆流防止をすることが出来ます。この姿勢で寝れば消化吸収を促進でき、胃酸の逆流によって、むねやけや「逆流性食道炎」を防いでくれるのです。

 

ほかにも、「右側を下にすることによって心臓を圧迫されないこと」と理由もあります。心臓に負担がかかると寝返りをうつ原因になってしまいます。

 

さらに息苦しくて、寝返りをするために深い眠りをすることを妨げてしまうのです。深い眠りが取れず、浅い睡眠しか出来なければ疲れも取れない状態で起きてしまいます。疲れた抜けないまま日中を過ごせば、不意に睡魔に襲われて集中できないでしょう。

 

たしかに「大の字に寝ている人が健康だ!」という方もいるかもしれません。しかし、東洋医学的にも、右を下にして横向きに寝ることが一番カラダに負担がかからない姿勢だと言われています。

 

スポンサードリンク
 

理想の睡眠時間ってどのくらい?

朝にスッキリした気持ちで目覚めるには、浅い眠りの時に起きるのが理想的とされています。つまり、人間の睡眠周期は90分サイクルなので、「3時間・4時間30分・6時間」といった90分の倍数が良いでしょう。

 

とはいえ、寝るときの環境・年齢・性別などによって個人差が生じますので、自分にあった睡眠時間を見つけることが大切です。

 

睡眠のゴールデンタイムにしっかり寝ることが大切!

あなたは、睡眠の効果が上がる時間帯を知っていますか?この時間に寝ていれば、カラダの成長ホルモンの分泌、さらにサーチュイン遺伝子の活動が活発化されるため、美容効果も得ることが出来ます。

 

その時間帯は、「午後10時~午前2時」となります。この時間帯に寝るのであれば、必然的に早寝早起きの習慣を身に着けることが出来、快適な睡眠ができるようになるでしょう。

 

短すぎても長すぎてもダメ!

やらないといけないことがあったり、遊んで寝るのが遅くて睡眠時間をあまり取れない。逆に睡眠が取れなかった分、次の日にたくさん睡眠を取ったりしたことはありませんか?

 

適切な睡眠時間は、「6~9時間」とされています。毎日、しっかりと睡眠時間を確保することが出来ないこともあるでしょう。しかし、それは「うつ病」になる危険な行為なのです。適切な睡眠時間でなければ、精神的に負担がかかってしまいます。そうならない為にも、適正時間での睡眠を意識しましょう。

 

睡眠は、「量」より「質」が大事!

睡眠時間を長くとるよりも、いかに「深い眠り(ノンレム睡眠)」が取れるかで大きく変わります。いくら長く寝ていても、疲れが取れなかったりするのは、深い眠りが取れていないからです。睡眠の質が上がれば、もっと快適な生活を手に入れることが出来ます。

 

『でも、どうすれば深い眠りを手に入れられるの?』と疑問に思った方もいるでしょう。 その方法ついては、こちらをご覧ください。
(睡眠の質を上げて充実した生活を送るための5つの方法)

 

まとめ

理想の睡眠を手に入れるためには、正しい姿勢と適正な睡眠時間を取ることが、とても大事になります。今回ご紹介した内容とは違った姿勢や睡眠時間であれば、試してみることをオススメします。あなたが理想の睡眠を手に入れることで、今よりも快適な生活を送れることを心より願っております。

 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

人気ブログランキング参加中

にほんブログ村 ニュースブログへ
return top