これで見つかる!探し物を効率的に探すための5つの方法

「どこにやったっけ?」「探したんだけど、なかなか見つからない・・・」何十分、何時間とそれを見つけるために時間を使ってしまった。そんな経験はありませんか? 今回は、そんなあなたに「探し物を効率的に探す方法」についてご紹介してきます。

 

スポンサードリンク
 

探し物を効率的に探すための5つの方法

これで見つかる!探し物を効率的に探すための5つの方法

もう一度、最初に探した場所を探せ!

一番最初に探した場所をもう一回探してみて下さい。なかなか見つける事が出来ない時は、最初見たときには見落としてしまっている可能性が高く、ないはずのところをいろいろと探して時間を掛けてしまうことが多いのです。

 

『絶対、あそこに置いたはずなのに!』と思っているならば、ちゃんとそこにあります。ただ、見つけにくくなっているだけです。

 

なので、もう一度しっかりと探すと出てきます。ほかの場所を探すのではなく、まずは最初に見たところを念入りに探してみましょう。

 

最初に探した場所の周辺を探せ!

もし、最初に見たところをしっかりと探してもない時があります。そういった場合には、初めに探した周辺を探してみましょう。あるはずの場所にないときには、何かの拍子で移動してしまったケースが考えられます。

 

となれば、周辺にある可能性が高いです。『ここがないなら別の場所?』と思っているのであれば、ちょっと待ってください。失くしたモノも、あなたから探してもらえるのを心待ちにしています。

 

普通に見渡しても見つからないのであれば、失くしたモノが入ってしまいそうな「隙間」を念入りに探せば見つけることが出来ます。

 

スポンサードリンク
 

失くしたモノを言いながら、探せ!

周辺を探しも、見つからない時もあります。そういった場合は、探し物の名前を言いながら、探してみましょう。失くしたモノをいう事で、探すための集中力が上がるため速く見つけやすくなります。

 

人によっては、モノを探すとき無意識言っています。たとえば、車のカギを探しているのであれば、「カギ、カギ、カギ、・・・」といった感じです。そういった人は、探し物を見つけるために集中する方法を身に付けている人です。

 

あなたが、探しているモノの言っていないのであれば、実践してみると速く見つけることが出来るでしょう。

 

冷静になって、記憶を整理する!

それでも見つからなければ、記憶をさかのぼってみましょう。『いつまで、手元にあったのか?』『失くした!と気づくまでドコで何をしていたのか?』を思い出せば、失くしたモノを見つかるヒントが出てくるかもしれません。

 

頭の中だけで、記憶を整理するのは困難な場合があります。そういった場合は、媒体は何でも良いので、書き出しましょう。頭の中になる記憶を視覚化することで、探す場所の優先順位を決めやすくなります。そうなれば、効率的に探すことが出来るでしょう。

 

また、意外と『あそこにはない!』と思っているトコロに会ったりする場合もあるので、忘れずに探してみましょう。

 

外出先にある可能性も!

部屋をいくら探しても見つからない場合、外出時に落としてしまった可能性が高くなります。そういった時には、外出先に連絡して落し物で届いていないか確認してみましょう。

 

わざわざ出向いて聞いても、なかったら多くの時間を使ってしまいます。電話で連絡すれば、外出先に行く時間だけで全ての候補となる場所に確認することが出来ます。冷静になって、見つけていきましょう。

 

まとめ

一番最初に探した場所を念入りに探せば、高確率で見つかります。それでダメなら、その周辺です。それでもないなら、一度冷静になりましょう。

とはいえ、今回ご紹介した方法で見つからない場合もあるかもしれません。そういった場合は、素直に諦めるのも一つの手かもしれません。失くしたモノは、忘れたころに見つかったりするものです。

 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

人気ブログランキング参加中

にほんブログ村 ニュースブログへ
return top