仕事で失敗したくない!ミスを無くす5つの方法

仕事でミスをして上司には怒られ、ほかの職員から嫌な顔をされてしまった経験はありませんか?もしかすると、仕事のミス(失敗)を無くす方法を知らないからかもしれません。

『もう二度とミスしたくない!』というあなたのために今回は「仕事で失敗したくない!ミスを無くす5つの方法」についてご紹介してきます。

 

スポンサードリンク
 

仕事で失敗したくない!ミスを無くす5つの方法

yaritenoonnakacyou20140125

業務内容をしっかりと把握する

ちゃんと業務内容を把握できていますか?しっかりと内容を理解していないと、大きなミスに繋がります。

業務内容をしっかりと把握していれば「何に気をつけないといけないのか」「何をしなければならないのか」といった重要なものに気づけます。分かっていないまま進めていると、後で大幅な修正やクレーム対応に追われてしまうかもしれません。

分からない所が見つかったら、早めに上司や前任者に質問しておきましょう。

 

業務スケジュールを作成する

仕事の業務スケジュールを作っていますか?計画を立てていないと締め切り前に慌ててミスを誘発する可能性があります。

業務スケジュールを作成していれば、慌てることなくスムーズに業務を進めていけます。スケジュールの見える化で「いつまでに◯◯を終わらせる」「◯◯が途中だから日程を調整しよう」と冷静に業務に取り組めるので、ミスを発生する状況を回避できます。

もしも、業務スケジュールを作っていないのであれば作成しましょう。

 

確認の回数を増やす

ミスが起きそうな仕事の確認回数を増やしていますか?確認回数が1、2回だと業務によってはミスが起こってしまう可能性があります。

確認の回数を増やせば、業務の正確性を上げることができます。1回目の確認で気づかないミスも、2回目以降で気づける可能性があります。

時間がなくて確認する時間が取れていないのであれば、早めに1度終わらせて確認作業の時間を作るようにしましょう。

 

スポンサードリンク
 

チェックリストを作成する

業務のチェックリストを作成していますか?チェックリストを作っていないと確認時に見落としが発生するかもしれません。

チェックリストを作成していれば、見落としなく確認作業を進めることができます。確認作業時にチェックリストが「ある」のと「ない」とでは業務の正確性に大きく差が出てきます。

もしも、チェックリストを使っていないのであれば、面倒かもしれませんが作成しましょう。

ちなみに他の人に仕事を任せたりする時にも、作成したチェックリストを見てやってもらうとスムーズに進められます。

 

ほかの人にもチェックしてもらう

あなた一人で確認作業をしていませんか?どうしても自分ひとりで確認作業していると、ミスに気がつかない場合があります。

ほかの人に見てもらえば「ココ、おかしくない?」と指摘してもらえます。自分では「これで完璧だ!」と思っていても、違った目線で見てもらうことで見えなかったミスが見つかります。

あなた一人でしている業務でないものは、ほかの人にも確認してもらいましょう。

 

仕事でミス(失敗)を無くす方法まとめ

  • 業務内容をしっかりと把握する
  • 業務スケジュールを作成する
  • 確認の回数を増やす
  • チェックリストを作成する
  • ほかの人にもチェックしてもらう

人間なのでミスをすることもあるでしょう。しかし、仕事でミスを無くすためにはミスを誘発させない「環境づくり」と「確認作業」が重要になります。

また、業務スケジュールやチェックリストなどのツールを使用すれば、効率的に確認作業ができるので活用していきましょう。

あなたの状況や業務内容にもよりますが、ほかの人にもチェックしてもらうと確認作業の時間も短縮できます。あなたがミスをすることなく、仕事ができることを心から応援しております。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

人気ブログランキング参加中

にほんブログ村 ニュースブログへ
return top