仕事を先延ばしにしない!「すぐやる」ための5つの方法

「あとでやろう」「明日やろう」「来週やろう」・・・と先延ばしにしていませんか?やらなければずっとその事が頭から離れない。「しなければ取り返しの付かない事態になるかも・・・」と毎日同じこと考えてしまう。そんな先延ばしになっているあなたのために「すぐやる」人になる方法をまとめてみました。

 

とりあえず、少しでもやる!

仕事を先延ばしにしない!「すぐやる」ための5つの方法001

まず、始めなければ何も終わりません。そもそも「やる気」が起きるのを待っていたら、いつまで経っても始めることはできません。「やる気」は、後からついてきます。「終わらせる」のではなく「少しずつ進める」ということを意識しましょう。取り組みやすい簡単なところから、少しずつでもやっていけば最終的に終わらせる事ができます。

 

自分で締め切りを決める

仕事を先延ばしにしない!「すぐやる」ための5つの方法002

締め切りがないものは、どうしても先延ばしにしてしまいがちになります。そういったものには、自分で締め切りを設定しましょう。そうすることによって、「いつまでに終わらせる」という気持ちが生まれます。

 

環境を整える

仕事を先延ばしにしない!「すぐやる」ための5つの方法003

やりたいことを始めやすい環境にすることによって、そのことだけに集中できてスムーズに始めることができます。たとえば、書類がいっぱい机にあるとすれば目に入らないようにやる書類だけをデスクの上に置くなどすれば作業に集中することができます。

 

言い訳について冷静に考えてみる

仕事を先延ばしにしない!「すぐやる」ための5つの方法004

「今日は体調が悪いから、明日から頑張ろう!」など自分の都合の良いできない理由をつけてやらないのでは、本末転倒です。自分が言い訳をしていると自覚していながら、やらないという選択肢を選んでしまっている。そんな時は、一度冷静に考えてみてください。「やった時のメリット・デメリット」「やらなかった時のメリット・デメリット」「どうすればやることができるのか」ちゃんと答えを明確に出すことで行動する正当性が増し、「よし!やろう!」と行動に移すことができます。

 

それでもできない時は

仕事を先延ばしにしない!「すぐやる」ための5つの方法005

一旦仕事のことを忘れて思いっきりやりたい事をすれば、「やらなければいけない」というストレスがなくなり、結果的に仕事をしようという気持ちが湧いてきます。また、何もしないで休むことで、逆に仕事がしたいという状態になる場合もあります。

 

まとめ

先延ばしをやめれば、やりたい時にやりたい事ができるようになります。いつまでも先延ばしにしていたら、それすら諦めなければならないかもしれません。「自分のできるところから少しずつでもやる!」という気持ちが大切です。ぜひ、あなたのこれからに役立ててくださいね。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

人気ブログランキング参加中

にほんブログ村 ニュースブログへ
return top