社会人の体調管理!病気にならないための5つの方法

朝を起きたら、体が重たい。体温計で測ったら、やっぱり熱がある。

「ヤバい。風邪ひいた・・・」と思って、会社に電話して休んでしまった経験はありませんか?

次の日に会社に行ったら休んでいた分の仕事が山のように積みあがっている。

 

その時に『しっかりと体調管理しておけば・・・』と後悔してしまった人も多いでしょう。

そこで今回は「病気にならないための5つの方法」についてご紹介していきます。

 

スポンサードリンク
 

病気にならないための5つの方法

社会人の体調管理!病気にならないための5つの方法

食事のバランスに気をつける

社会人ともなれば、忙しくて料理を作っていない人もいます。ついついコンビニ弁当やスーパーの惣菜で済ます人も多いでしょう。しかし、そういった食事をしていると栄養が偏ってしまいます。

 

そうなれば、生活習慣病の原因となり、ほかにも鉄分が不足していれば貧血。ビタミンの不足によって「消化不良」「神経過敏」「アトピー性皮膚炎」などなど、体にさまざまな悪影響を及ぼします。そうならないためにも、栄養バランスの取れた食事を心掛けましょう。

 

継続的に運動をする

体を動かす仕事をされている人は、大丈夫です。しかし、仕事の業務内容によっては体を動かすことが少ない人は、運動不足になります。そうなれば、筋力の低下や血行が悪くなります。なので、動脈硬化や糖尿病といった生活習慣病の原因になります。

 

また、体を動かしている人に比べると免疫力が低くなっているので、病気になりやすい体質になります。「忙しくてまとまった時間が取れない!」と言われる方も多いでしょう。なので、数分でもできる簡単なストレッチ。日ごろエレベーターを使っている人は、階段を利用するなど工夫して体を動かすことを心掛けましょう。

 

適度な睡眠を取る

眠れていないと体を免疫力が低下します。そうなれば、病気のかかりやすい状態になってしまいます。それとは逆に睡眠時間が多くても、疲労が溜まってしまいます。なので、適度な睡眠を取ることが大切になります。

 

社会人は、仕事も忙しくて睡眠時間を削っている人も多いでしょう。「忙しくて、ちゃんと寝る時間なんてないよ!」と言われるかもしれません。そういった方は、目を閉じて横になるだけでも疲労回復が出来るので、病気にならないためにも睡眠を心掛けましょう。

 

スポンサードリンク
 

ストレスを溜めこまない

社会人ともなれば、責任によるプレッシャーや社内での人間関係などストレスを感じてしまうことも多いでしょう。それを溜めこみ過ぎれば、うつ病の原因になったり、体の免疫力が低下してしまいます。

 

なので、ストレス解消をする事が大切です。最近、イライラしていませんか?それもストレスが溜まっているサインです。過剰なストレスを感じない環境で仕事が出来るのが理想ですが、そういった職場は少ないです。ストレスを感じたら、気分転換をするなど溜めこまない工夫をしましょう。

 

 

病気の予防対策をする

日常生活の中で、病気を予防していきましょう。特に一番病気になりやすい「風邪(カゼ)」の予防が大切です。いくら生活習慣を改善しても、「手洗いをしていない」「うがいをしない」「風邪を引いている人いるのにマスクをしない」などをしていれば、あなたも風邪をうつされてしまいます。

 

いつどこで病原菌に感染するか分かりません。なので、病気にならないためにも「手洗いを忘れない」「帰ったら、うがいをする」「風邪やインフルエンザが流行っている時期はマスクをする」といったことを心掛けましょう。

 

まとめ

今回の内容が、あなたのためになれば幸いです。忙しい毎日で、体調管理まで手がつかない人も多いでしょう。仕事に一生懸命になるのも、すごく分かります。とはいえ、仕事をするにも”カラダが資本”です。「健康なカラダ」あっての「仕事」です。

体調が悪い状態では、何かをやろうとしてもする事が出来ません。だからこそ、規則正しい生活と健康な食生活を身に付けていきましょう。

 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

人気ブログランキング参加中

にほんブログ村 ニュースブログへ
return top