年下彼氏をつくる!年下男性を振り向かせる5つの方法

最近では、テレビなどでも年の差婚を聞くようになり、また女性のほうが年上で男性のほうが年下のカップルも多くみられるようになりました。年下男性は、かわいいところもあればかっこよくて頼れるところもありギャップにやられてしまう女性は少なくないでしょう。

しかし、そんな年下男性にどうやってアプローチすればいいのかわからないし不安になることはありませんか?そこで今回は、年下男性を好きになった女性のために「年下男性を振り向かせる5つの方法」についてご紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク
 

年下男性を振り向かせる5つの方法

tosisita-dansei-hurimukaseru02

話を聞いてあげる

どんな人でも自分の話を誰かに聞いてほしいものです。

年下男性も同じで女性に対してアピールするために自分の昔話などをしたがります。しかし、年上の女性には遠慮して自分から話をしないこともあるでしょう。

そのような時には、あなたから相手に話をふって聞いてあげましょう。

年下男性の話を聞いてあげることで、悩みごとであればそれに対して「それは大変だったね」など共感をしましょう。そして、相手の考え方などを否定せず励ましてあげるのもいいです。

人間は弱っているときに優しくされると、その相手を通常よりも好意的に感じとります。少しでも話しに耳を傾けることでアプローチにもなります。

 

甘えさせてあげる

年下男性にアプローチするのなら、年上女性らしく包容力や優しさを活かして相手を甘えさせてみましょう。

年下といっても男性ですので、仕事などしているとしっかりしなければいけないという気持ちを持ってしています。なので、いろんな場面でガマンをしなくてはならないことが多いのかもしれません。

そんな時は、年上だからこそその余裕で年下男性を甘えさせてあげましょう。

「素直に甘えてもいいんだよ」と言ってくれる女性は、男性からすれば癒やしにもなります。

年上女性が甘えてもいいよとアプローチすることで、年下男性は「この人といると素の自分でいられる」と思ってくれるようになります。

そんな言葉やアプローチをすることで、年下男性は甘えたくなります。

 

相手に頼ってみましょう

男性は「頼りにしてほしい」という気持ちを持っています。年下男性ももちろん思っています。

悲しいことや困っていることがあったときに、あなたは「私のほうが年上なんだから」と思ってしまい頼ろうとしないでいませんか?

そういう時こそ思い切って年下男性に頼ってみましょう。誰にでも頼るのではなくて、「あなただから」ということを強調することが重要です。

いつもは頼られている女性が弱っているところを見ていつもと違う姿をみてギャップを感じてドキドキさせることができます。

でも、頼り過ぎるのはダメです。いつも頼ってばかりいると、同年代や年下女性と変わりません。ですので、ここぞというときに使いましょう。

 

スポンサードリンク
 

歳の差を感じさせない

年下男性を好きになって、いざアプローチしようとしても女性のほうが不安に思ってしまいます。

歳の差があるので年下男性に対して、「年上なんだから年上らしく振る舞わないと」という気持ちになってしまうでしょう。

しかし、無理に年上なんだからといって普段のあなたとは違うことをするとあなた自信も戸惑ってしまうかもしれません。年下男性と接するときには、ありのままのあなたで接しましょう。

年下男性としては相手とは対等な立場でありたいと思っています。

歳の差を感じさせずに、同年代の人と接しているように思い合える関係が理想になるでしょう。

 

相手に好意があることを伝える

年下男性にアピールするのであれば、あなた自身が年下男性に好意を持っていることを相手の人にわかってもらいましょう。

年下男性に対して、「頼りになる」「あなたのそういうところが好きだな」など好意を持っていることを彼に言葉で伝えてみましょう。

ちょっとしたことを褒めるのもいいでしょう。

また、年下男性が困っているのであれば話を聞いてあげるなど、いつでも頼っていいんだよとアピールしてもいいかもしれません。

しかし、やり過ぎるとおせっかいな年上の女性と思われてしますので注意しましょう。

相手の反応を見ながらアピールし、年下男性の男としての立場を尊重し立ててあげることも大切でしょう。

 

年下男性を振り向かせる方法まとめ

  • 話を聞いてあげる
  • 甘えさせてあげる
  • 相手に頼ってみましょう
  • 歳の差を感じさせない
  • 相手に好意があることを伝える

年下男性を振り向かせるのは難しそうと思いますが、あせっては行けません。
好意を持ってもらえなくても諦めず、あなたに合った方法を使ってアプローチしてみましょう。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

人気ブログランキング参加中

にほんブログ村 ニュースブログへ
return top