どうすればいい?年下上司との7つの正しい付き合い方

『年下の上司にどう接すればいいのか分からない・・・』と悩んでいる人も多いでしょう。でも、年下の上司とは良好な関係を築きていきたいですよね。そこで今回は「年下上司との7つの正しい付き合い方」についてご紹介していきます。

 

スポンサードリンク
 

年下上司との7つの正しい付き合い方

tosisita-jousi-tukiaikata02

敬語を使う

上司に敬語を使うのは基本中の基本です。「何で年下に敬語を使わなくちゃいけないだ!」と思っていたとしても、相手はあなたの上司です。

たしかにあなたの方が「年齢」で言えば先輩になります。しかし、年齢に関係なく「職位」が上の人に敬語を使うのは当然のことです。

逆に敬語を使わないと「会社の規律を乱してしまう」という理由で、処罰を受けてしまう可能性があります。

年下上司との良好な関係を築くためにも、ちゃんと敬語を使いましょう。

 

年齢へのこだわりを捨てる

何年か前までは「年功序列」という制度があり、年齢が高いほど優遇されるといった感じの風習がありました。

そういった風習のせいで「年上の方が偉い」「年上は敬われるものだ」という考える人も多くいます。しかし、その考え方が当たり前だった社会は過去のものになっています。

今では年齢ではなく、「成果(実力)主義」といった風習もあります。「能力」「スキル」「成果」があれば、昇進できる会社の方が多いです。

たしかにあなたの方が年上かもしれません。しかし、「年齢」を気にして上司との関係を悪化することは、あなたは望むところではないはずです。

年下上司との良好な関係を築くためにも、年齢へのこだわりを捨てましょう。

 

積極的に話しかける

年下の上司に抵抗を感じるかもしれませんが、まずはコミュニケーションを取ることが大切です。

会話をほとんどしないような状態だと、年下上司との溝が深くなるばかりです。あなたから話しかけましょう。

あなたから年下上司に話しかけることで、上司との関係を築くことができます。そこから「より良い関係を築けるか」は、あなた次第です。

コミュニケーションを取らなければ、年下上司との良好な関係を築くことは出来ません。ですので、積極的にあんたから年下上司に話しかけましょう。

 

共感する

年上上司とコミュニケーションを取る上で共感してあげることが大切になります。年齢に関係なく自分と相手の共通点が多いほど心理的に親近感が湧きます。

これは初対面の人と会話する時にとても有効な手段です。相手が口ベタでも話しやすい話題なら会話を弾ませることができます。

これは年上上司であっても例外ではありません。あなたが、「年上上司に好印象を持ってもらい」と思っているのであれば、共通点を見つけましょう。

そうすれば、年上上司と良好な関係を築きやすくなります。ですので、年上上司に共感してあげましょう。

 

スポンサードリンク
 

長所を認める

『年下が上司なんて納得がいかない!』と思っている人は多いでしょう。しかし、その年上上司は、何かしらの長所によって職位をもらっている可能性もあります。

もしかしたら、あなたには年上上司の嫌なところばかり見えているのかもしれません。しかし、あなたが持っていない長所が年上上司にはあるはずです。

また、「上司」という立場であれば「部下」に嫌われてしまうような指示も出さないといけません。そういった立場上、感情的な目で上司を見てしまてしまうのも仕方がないことでしょう。

ですが、少し冷静になって客観的に長所は認めてあげた方が良いでしょう。普段、長所を認めてもらう機会(一部の天才は除く)は少ないでしょう。

ですので、年下上司との良好な関係を築くためにも、長所を認め伝えてあげると良いでしょう。

 

サポート(フォロー)をする

部下としての仕事をしっかりとこなす。そして、余裕があれば年上上司のサポート(フォロー)をしてあげることは大切です。

年下の上司は、年上に比べて圧倒的に経験が少ないです。なので、ちょっとしたところが抜けていたりします。そういったところをサポート(フォロー)することで、年下上司と良好な関係を築きやすくなります。

注意していただきたいのが、自分の仕事を疎かにならないように気をつけましょう。自分の仕事が終わっていないのに、上司のサポート(フォロー)をしても後々苦しむのはあなたです。

ですので、あなたができる範囲で年上上司のサポート(フォロー)をしてあげましょう。

 

仕事だと割り切る

『どうしても年下上司が嫌い!』という方は、仕事だと割り切ることが大切です。

誰にでも人の好き嫌いはあります。ですが、仕事に『あなたの好き嫌い』は関係ありません。

「嫌いな人」「苦手な人」と接することは、仕事をする上で避けては通れません。嫌い(苦手)なことを含めて「仕事」だという考えた方をした方が良いでしょう。

そうすれば、「仕方のないこと」として割り切ることができます。感情的にならず仕事と割り切って、年上上司と接していきましょう。

 

年下上司との正しい付き合い方まとめ

  • 敬語を使う
  • 年齢へのこだわりを捨てる
  • 積極的に話しかける
  • 共感する
  • 長所を認める
  • サポート(フォロー)をする
  • 仕事だと割り切る

あなたが年下上司に抵抗を感じているように、年下上司もあなたに抵抗を感じているかもしれません。そういった意味でも、あなたの方から良好な関係を築くキッカケを作っていくと良いでしょう。あなたが、年下上司と良好な関係を築けることを心から応援しております。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

人気ブログランキング参加中

にほんブログ村 ニュースブログへ
return top