安田顕の性格は?じつはあの人の大ファン!伝説の名言と奇跡の秘話あり

安田顕さんといえば、最近ではドラマやバラエティ番組などで活躍している俳優さんですが、どんな方か詳しく知らない方も多いのではないでしょうか?そこで今回は、そんな安田顕さんについていろいろ調べてみました。

 

スポンサードリンク
 

まずは、プロフィールからチェックしていきましょう!

プロフィール

安田顕の性格は?じつはあの人の大ファン!伝説の名言と奇跡の秘話あり名前:安田 顕(やすだ けん) (※本名と同じ)

生年月日:1973年12月8日

出身地:北海道室蘭市

血液型:A型

身長・体重:174㎝・(推定)64㎏

所属事務所:CREATIVE OFFICE CUE所属

演劇ユニット「TEAM NACS」(サブリーダー)

安田さんのファンの呼び名:安田国民

 

芸能界に入るきっかけは、大学時代にさかのぼります。北海学園大学に入学し、大学時代には演劇研究会に入って活動していました。

 

演劇研究会では、後のTEAM NACSのリーダー森崎博之さんと出会い、森崎さんの紹介で今所属している現会長の鈴井貴之さん主宰の劇団「OOPARTS」に加わり、1998年の完全消滅まで所属していました。

 

同年には、森崎さんの紹介で鈴井さんが経営する芸能のプロダクション「CREATIVE OFFICE CUE」に加入し、タレント活動を始めました。森崎さんが紹介しなければ、芸能界に入ってなかったのかもしれないですね。森崎さん、ありがとうございます!

 

1996年に、卒業公演のために森崎さんと演劇研究会の後輩でもある大泉洋さん、戸次(佐藤)重幸さん、音尾琢真さんを加えた演劇ユニットTEAM-NACSを結成しました。しかし、卒業公演を終えTEAM-NACSは1回限りの公演で解散することに・・・。

 

1997年には、就職していた安田さんと森崎さんが戻ってきたことから、TEAM-NACSを再結成しました。余談ですが、グループ名ははじめ「TEAM-NACS」でしたが、2007年のふるさと公演「HONOR」から「TEAM」と「NACS」の間にハイフンがなくなり、今のTEAM NACSという表記になっています。

 

1998年、北海道テレビの深夜バラエティー番組「水曜どうでしょう」という大泉さんがレギュラー出演していて番組で、テレビ局のマスコットキャラクターonちゃんのスーツアクターとして出演するようになりました。

 

番組内では、大泉さんにイタズラをされたりとマスコットキャラクターらしからぬ扱いでした。その後は、着ぐるみから「簡易onちゃん」となって全身黄色いタイツを着て顔だしするようになってきました。

 

それからは、番組の人気も広まりTEAM-NACSとともに全国的に名前が知られるようになりました。

 

ドラマでは、2002年8月31日に北海道テレビで放送されたHTBスペシャルドラマ「夏の約束」で観光船船員役としてドラマ初出演を果たします。それからは、大河ドラマやNHK連続テレビ小説にも出演するなど、有名ドラマに多数出演しています。

 

映画では、事務所の会長である鈴井貴之さんの第一回監督作品『man-hole』では、安田さんにとって映画初出演の作品でもあるのです。

 

そして、同年に学生時代から8年間付き合っていた一般女性と結婚しています。大学時代に出会い、安田さんが初めて交際した女性だそうです。ナックスの中では、一番最初に結婚しています。

 

2004年には、第一子である長女を授かっています。出産に立ち会ったとき、安田さんは出産に感動したそうで、娘さんがうまれてからは涙腺が緩くなったということを語っています。休日は、家族でドライブを楽しんでいるようです。

 

アニメやゲームの声優も務めており、ジブリ作品では、2001年公開の「千と千尋の神隠し」で主人公の女の子が老魔女の部屋まで行くのに付き添ってあげていた優しいおしらさまという大根の神様を演じました。

 

2014年公開の「思い出のマーニー」で、十一(といち)という白いひげをはやした口数の少ない老人役などを演じていました。「レイトン教授と悪魔の箱」というゲームでは、サムという列車の車掌役を演じており、ナックスのメンバーで大泉サンがレントン教授役を演じていました。

 

最近では、北野武監督の17作品目である2015年4月公開の「龍三と七人の子分たち」で、クールなインテリ風のキャラな悪役のボスを演じています。予告編では、「オイ!ジジイ!!」など、「ジジイ」を連呼する姿が、話題になっているとか。

 

その後も映画やドラマ、CMなど幅広く活躍されています。

 

個性的すぎる!?安田さんの性格とは?

安田さんを知らない人は外見だけを見れば、キリッとした顔立ちで、大人の男性の渋さもある二枚目俳優だと思うでしょうが、調べてみるとその本性は意外なものでした。

 

安田さんは、自分はどんな性格だと思いますかという質問に対し「陰・鬱・暗」と表現しています。消極的なネガティブ思考だと言ってはいますが、それを凌駕するほどの“チャレンジ精神”の持ち主です。これは余談になりますが、小学校時代には「目立ちたがり屋の恥ずかしがり屋」だったそうです。

 

私生活では、一人で過ごしたり行動したりすることが好きで『人は人、自分は自分』をモットーにしており、「マイペース」なところもあるようです。そして以外にも、テレビでは想像もつかない「人見知り」なところもあり、そのギャップがファンを魅了しているのかもしれませんね。

 

好きな女の子が誕生日のときに、表には「誕生日おめでとう。」、裏には「好きです。」と書いたメッセージカードをあげたそうで、字を見て誰が書いたかばれないように定規を使い文字を書いたら、学校で「気持ち悪い」と話題になってしまったそうです。幼い頃から、強烈なキャラの持ち主だったみたいですね。

 

さらに地下に憧れをもっていて、地底人になりたいと強く思っていたらしい。それと同時に、宇宙人に連れ去られて見世物にされたいという普通の感性では理解できない、個性的な世界観を持っているようです。

 

スポンサードリンク
 

趣味の音楽鑑賞で、好きなアーティストは○○の熱烈なファン!?

お兄さんの影響で音楽にも精通しており、ザ・ビートルズなど洋楽の知識を生かして、ラジオなどの音楽番組を担当しています。

 

安田さんが大泉さんと北海道でラジオをやっているときに、リスナーの方と安田さんが得意と言っている「ビートルズイントロクイズ早押し勝負」というのをしました。もし負けたら携帯番号公開という生放送をしたことがあり、結果的には負けてしまい番号を公開することに。番号を公開してからは、携帯がずっと鳴りやまなかったそうです。

 

安田顕の性格は?じつはあの人の大ファン!伝説の名言と奇跡の秘話あり

 

また、歌手のaikoさんのファンでもある安田さん。奥様もファンの一人だそうです。

安田さんが北海道でラジオのパーソナリティを務めている「夢チカ18」にaikoさんがゲストとして何度か出演し共演することがありました。

 

aikoさんがゲストで来たときの安田さんは、ナビゲーターとしてではなくファンとしていたため、ファン過ぎて明らかに様子がおかしかったそうです。安田さん自身は、「はっきり言って、恋をしていたんじゃないかってくらい、会いたい、会いたい、会いたいと願い続けてやっとこの気持が届いた」と、aikoさん本人を前にしてもうメロメロ状態になっていました。

 

奥様はaikoさんがゲストのときに、必ず安田さんにプレゼントを持たせるそうで、夫婦揃って大ファンのようですね。

 

技の牛乳早飲みで、あの伝説の名言が生まれた!

牛乳早飲みが特技と言っている安田さん。水曜どうでしょうの企画で、牛乳早飲み対決をすることになりました。ミスター・大泉さんチーム対安田さん・藤村Dチームで勝負しました。

 

牛乳早飲みは得意だと意気込む安田さんは、はじめは牛乳1本を2秒という早さで飲みきっていました。確かにすごいスピードで飲みきっていました。

ところが、残り3本というところで牛乳が口からこぼれだし、ラスト1本になるとついには鼻から牛乳が噴出。最終的には、飲みきれなかった牛乳が口からこぼれ出ていまいした。

 

TEAM NACSの番組「ハナタレナックス」でも牛乳早飲み対決をし、最初は順調に飲んでいたのですが早速リバース。

 

メンバーの大泉さんからは、「毎回こうなんだってこいつは」などと言われながらもルールでは吐いてもOKということだったので、そのまま飲み続けていました。顔中牛乳まみれになりながらも「俺、頑張るから」と言い飲み続ける安田さん。でも、やはりというべきでしょうか、最後にはすごい音を出しながら大リバース!

 

その姿を見ていたメンバーの戸次さんと大泉さんから「安田を経て、大地に還る」という名言が生まれました。

 

無類の不器用!だからこそ、予測不能な奇跡を呼び起こす

水曜どうでしょうの企画で、お皿を作ることになり大泉さん、ミスター(鈴井さん)、安田さんの順番でろくろを使い作り始めました。

 

大泉さんとミスターは、難しいと言いながらもなんとかお皿を作り上げたのですが、やはりといいますか、さすがは無類の不器用と言われるだけありますね。安田さんは、ひぃひぃ声を出しながら、誰もやったことのないような手つきでろくろを回し自分もお皿と一緒に回っていました。本人もわけが分からないまま作業を進めていて、笑わずにはいられません。

 

「おまえはマスコットで、社のイメージをしょってんだから」とミスターと大泉さんに叩かれながら作業を進める安田さん。その時は、onちゃんの着ぐるみではなくonちゃんのマスク?を被っただけの簡易onちゃんの姿だったので、ファンには嬉しい筋肉質なonちゃんを見ることができますよ(笑)

 

「ハナタレナックス」の中で行われる乗り物を使った企画では、安田さんが必ずなんらかのアクシデントを起こしています。それも、番組の中では見どころの一つではないでしょうか。

 

ポケバイレース体験では、直線を真っ直ぐ走っているだけなのに一人だけ派手に転倒する安田さん。それにも関わらず本人は、無傷で生還するというミラクルが起こします。

 

四輪駆動車で雪道を走行するという競技では、メンバーからも安田さんが走る前から「安田さんがコースの上を走れるとは限らない」と言っていた通り、アクセル下手踏み猛スピードでそのまま突っ込み。車は、くぼみにハンドルを取られてしまいまさかの横向きに回転。

 

本人は怪我ひとつしなかったが、ロケ中止という最悪な事態まで引き起こしてしまったなどの仰天エピソードもあります。安田さん自身も何か起こると思っていたのか、「ほらな」「やっぱりな」などしきりに言っていました。

 

まとめ

見た目だけでは分からない、個性的な世界観や性格、数々の伝説をお持ちの安田さん。

安田さんが登場するバラエティー番組やドラマなど、これからも目が離せなくなりそうです。

これからも、今以上に注目を集めそうな安田顕さん。今後の活躍が気になりますね!

 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

人気ブログランキング参加中

にほんブログ村 ニュースブログへ
return top